AGF 煎 せん

珈 琲 ♡ 和 菓 子 プ ロ ジ ェ ク ト と は

コーヒーと和菓子を組み合わせるという 新しい食の愉しみを世の中に広く知っていただくと共に、 新しい食文化の創造を目的とし、 様々な取り組みを行っていきます。

珈琲♡和菓子とは Supported by AGF

コーヒーと和菓子は、実はとてもよく合う!
このことをもっと多くの方々に知っていただくために、
2016年から開催されているアワードです。

コーヒーとともに、和菓子文化がますます盛り上がり、
やがてそれが、地域活性化にもつながっていくことを目指しています。

今年のアワードは、2つの部門で構成されています。

  • 部門1

    みなさんが選ぶAGF®「煎」と
    一緒に食べたい和菓子アワード

    日本全国の和菓子の中から、
    AGF®「煎」と相性がよく、
    コーヒーと一緒に美味しく召し上がれる和菓子を
    みなさんの声で選出し、表彰します。

    Click

  • 部門2

    コーヒーを用いた
    和菓子のコンテスト

    和菓子職人のみなさんから、コーヒーを原材料として用いた 新しい創作和菓子を募集。 各界のプロの目と舌で審査し、 優れた和菓子とその作り手を表彰します。

    Click

WAGASHI INNOVATION lab.

「珈琲♡和菓子」という新たな日本文化の 創造を目指すAGF®「煎」が、日本の伝統文化を 革新するイノベーターとコラボレーションし、 和菓子の可能性を拡げる様々な挑戦を 行っていくプロジェクトです。

和 菓 子 塾

和菓子に合う珈琲であるAGF®「煎」が、 全国和菓子協会と協力し、 未来の和菓子職人を育成するプロジェクトです。

和菓子に合う珈琲AGF®「煎」のご紹介

これこそが、日本の珈琲です。

日本の暮らしに寄り添う珈琲ってなんだろう。
この国に珈琲がもたらされて150年以上。
とうとうひとつの答えに辿り着きました。
その名も、「煎」(せん)。和菓子をより深く楽しめる。気高い香り。
「軟水」で淹れることで最大限に引き出される、澄み切った味わい。
日本っていいな。そう思えるひとときを、この一杯でどうぞ。

和菓子に合うってなんだろう。

和菓子に合う京番茶。その秘密は、「焙煎香」の高さにありました。 この「焙煎香」を珈琲でも活かすために、AGF®が開発した独自技術。 それが「T2ACMI(たくみ)焙煎®です。 かつてなく和菓子や和食に合う珈琲の誕生です。
【T2ACMI焙煎®】温度プロファイルをコントロールすることで、目的の風味のコーヒーを焙煎する手法。
※Time and Temperature Aroma Controlled by Master's Innovation

日本の水を、誰よりも知っている。

日本の水は古来より多くが「軟水」です。
和食の「だし」をはじめ、この国の味覚のベースは軟水にあるとも言えるでしょう。
珈琲も、その98%は水分。軟水との相性を徹底的に科学した豆選びと焙煎方法で、どこまでも澄んだ後味を実現しました。

T2ACMI焙煎®の秘密 「おいしさ」を製品化する技術

AGF® 煎(せん)

第2回 珈琲を用いた和菓子のコンテスト

取材レポート
[ 実食審査編 ]

9月某日、厳選なる書類選考で選ばれた52点の実食審査が行われました。
和菓子とコーヒー、それぞれのプロフェッショナルである審査員9名が、
すべての和菓子を食し、さまざまな観点から優れた和菓子を選び出しました。

書類選考を通過した52点の和菓子が、全国から届きました。この実食審査では、この中からグランプリ 1点、大賞 2点、入賞 10点の計13点の作品が選ばれます。

テーブルの上には、作品ごとに形状がわかるようにカットされていないものと、試食用に一口大にカットされたものがセッティング。審査員は、それぞれの作品一つひとつと丁寧に向き合いながら審査していきます。

審査項目は、①味 ②コーヒーの風味 ③形状(販売に適しているかどうかを含む)の3つ。各10点満点で厳しく点数をつけていきます。

審査員は、作品一切れを口に運ぶと、じっくりと味や食感、コーヒーの風味を確認。また、形状は見えている表面だけでなく、見えていない底の部分まで。作品から熱意が伝わるからこそ、審査にも自ずと熱が入ります。

「きちんとコーヒーの味や香りを生かせているか、というところは大きな審査基準ですね。コーヒーの香料を使っているものはすぐにわかります」と、コーヒーのプロフェッショナルである味の素AGFの金谷氏は言います。

9名による審査表は、スタッフが回収し集計作業へ。その場で項目ごとの各合計点数とランキングが明らかになります。審査会場に緊張感が漂う瞬間です。

審査直後、東京製菓学校の梶山氏はこう話してくれました。「どんなふうにコーヒーを感じさせるか。そのベストなバランスって絶妙ですし、とても大事なんですよね。アイデアがよくても、お菓子づくりの技が伴っていないものもありました。それは、経験や日々の努力ということかもしれませんね」。

上位のものは、同点で並んでしまったものも数作品あるほどの接戦。集計結果を元に、応募作品を再び確認しながら厳粛な協議によって賞を選んでいきます。

「今回は、昨年の1回目に比べると全体的にレベルが上がっていましたね。コーヒーの素材を上手に和菓子に取り入れていて、本当に関心しました。こんなふうに和菓子に取り入れていただくと、コーヒーの可能性が広がりますね」と、味の素AGFの石川氏。

和菓子協会の細田氏は、今回の審査をこう話します。「今年も、味の素AGFさんがコーヒーを微粉末で提供してくださったこともあり、全体的にレベルが上がっていたと思います。しかしながら、賞狙いというか、アイデア先行のものも多かった印象。販売することも考慮し、生産性という観点でも厳しく審査しました」。

「和菓子は大きさも形も自由度が高い。だからこそ、調和が大事なんです。コーヒーという素材にばかり気を取られてしまうと、その大事な部分を見失ってしまって、おいしいものができません。書類では期待していたものの、レシピを表現しきれていない惜しい作品もありました。前回より全体的なレベルは上がっていますから、また引き続きトライしていただけたらうれしいですね」。書類審査、実食審査を通して、薮氏はこう語ってくれました。

厳選なる審査を経て、さまざまなタイプの和菓子が各賞に選ばれました。一体どんなふうに和菓子の中にコーヒーという素材が生かされ、どんなふうに和菓子とコーヒーが溶け合っているのか。その結果は、後日、このWEBサイト内で発表いたします。お楽しみに!

珈琲を用いた和菓子のコンテスト
コーヒーを用いた和菓子のコンテスト。 コーヒーを原材料として用いた新しい創作和菓子を募集、各界のプロの目と舌で審査し、 優れた和菓子とその作り手を表彰します。
AGF Lounge,AGFラウンジ,コーヒー,煎,せん,和菓子,市川染五郎,和菓子アワード,和菓子コンテスト,和菓子に合うコーヒー,ギフト
AGF Lounge~いつでも、ふぅ。AGF
http://sen.agf.jp/images/social_image-contest.png