AGF 煎 せん

珈 琲 ♡ 和 菓 子 プ ロ ジ ェ ク ト と は

コーヒーと和菓子を組み合わせるという 新しい食の愉しみを世の中に広く知っていただくと共に、 新しい食文化の創造を目的とし、 様々な取り組みを行っていきます。

珈琲♡和菓子コンテスト

珈琲♡和菓子コンテスト2018

コーヒーと和菓子は、実はとてもよく合う!
このことをもっと多くの方々に知っていただくために、
今年は2つの部門で、コンテストを実施します。
各界のプロの目と舌で審査し、優れた和菓子とその作り手を表彰します。

珈琲♡和菓子コンテスト2018

コーヒーと和菓子は、実はとてもよく合う!
このことをもっと多くの方々に知っていただくために、
今年は2つの部門で、コンテストを実施します。
各界のプロの目と舌で審査し、優れた和菓子とその作り手を表彰します。

[NEW] 結果発表ページを更新しました。

WAGASHI INNOVATION lab.

「珈琲♡和菓子」という新たな日本文化の 創造を目指すAGF®「煎」が、 日本の伝統文化を革新するイノベーターと コラボレーションし、和菓子の可能性を拡げる 様々な挑戦を行っていくプロジェクトです。

和 菓 子 塾

和菓子に合う珈琲であるAGF®「煎」が、 全国和菓子協会と協力し、 未来の和菓子職人を育成するプロジェクトです。

和菓子に合う珈琲AGF®「煎」のご紹介

これこそが、日本の珈琲です。

日本の暮らしに寄り添う珈琲ってなんだろう。
この国に珈琲がもたらされて150年以上。
とうとうひとつの答えに辿り着きました。
その名も、「煎」(せん)。和菓子をより深く楽しめる。気高い香り。
「軟水」で淹れることで最大限に引き出される、澄み切った味わい。
日本っていいな。そう思えるひとときを、この一杯でどうぞ。

和菓子に合うってなんだろう。

和菓子に合う京番茶。その秘密は、「焙煎香」の高さにありました。 この「焙煎香」を珈琲でも活かすために、AGF®が開発した独自技術。 それが「T2ACMI(たくみ)焙煎®です。 かつてなく和菓子や和食に合う珈琲の誕生です。
【T2ACMI焙煎®】温度プロファイルをコントロールすることで、目的の風味のコーヒーを焙煎する手法。
※Time and Temperature Aroma Controlled by Master's Innovation

日本の水を、誰よりも知っている。

日本の水は古来より多くが「軟水」です。
和食の「だし」をはじめ、この国の味覚のベースは軟水にあるとも言えるでしょう。
珈琲も、その98%は水分。軟水との相性を徹底的に科学した豆選びと焙煎方法で、どこまでも澄んだ後味を実現しました。

T2ACMI焙煎®の秘密 「おいしさ」を製品化する技術
珈琲♡和菓子コンテスト
珈琲♡和菓子コンテスト2018

最終回 コーヒーを用いた和菓子のコンテスト 結果発表

コーヒーを原材料として用いた新しい和菓子の創造を目的としてスタートし、今年で3回目の開催となるのが〈コーヒーを用いた和菓子のコンテスト〉。今回は、全国の和菓子職人のみなさんから188品の応募をいただき、第一の関門である書類選考を見事突破した作品を、最終選考として実食審査いたしました。美味しいことはもちろん、コーヒーの風味を和菓子にどう活かしているのかをポイントに、各界の第一線で活躍するプロフェッショナルの目と舌による厳選な審査を経て、最終回となる本コンテストのグランプリ、大賞、金賞が決定いたしました。

グランプリ

[ LATE・(やき)

長澤 真悟 さん/専修学校日本菓子専門学校

大賞

三種(さんしゅ)(かおり)のマリアージュ ]

木下 卓 さん/朝日風月堂 株式会社

亜麻色(あまいろ)オペラ ]

高橋 謙 さん/株式会社 雪華堂

金賞

[ カフェリモーネ ]

安海 啓之 さん/株式会社 中村屋

[ COFFEE物語(ものがたり)

江口 恵 さん/有限会社 つる瀬

珈琲(こーひー)銀河(ぎんが)

菅野 翔太郎 さん/有限会社 松屋清風庵

(こう)(はな)

小泉 慶太 さん/御菓子司香雲堂

[ 2(しゅ)のナッツのCafe chocolate Mochi ]

坂井 博一 さん/楽emon

最終審査の様子

11月某日、和菓子に精通する6名と味の素AGF社の社員3名、計9名によって本コンテストの最終実食審査が行われました。審査は、「味」「形状」「市場性」の3つの項目について、それぞれ10点満点で点数をつけていくという方式。「味」については、美味しいことを大前提としつつも、コーヒーの風味が生かされているかが最大のポイントとなります。審査委員のみなさんは、コーヒー豆という素材の使い方、口の中での薫りの広がり方などにも注目しながら、厳しく点数をつけていらっしゃいました。今年は、最終回ということもあってか、和菓子という枠組みに収まらない冒険心溢れるアイデアも見られた模様。過去2回も本コンテストの審査をしてきた審査委員の方々は、今年の応募作品のレベルの高さと成長に感心しているご様子でした。

「コーヒーを用いた和菓子コンテストも3回目とあって、完成度がぐっと上がっていますね。コーヒーの風味の引き立たせ方はもちろんのこと、他の素材との組み合わせや味のハーモニーという点でもおもしろいものがいくつかありました」と、初回から審査に参加していらっしゃる東和会の梶山浩司会長。また、全国和菓子協会の細田治会長は、「和菓子にはあまりないような組み合わせや作り方など、昨年までには見られなかった新しいアイデアやチャレンジというものを目にすることができました。年々みなさんの意気込みが強くなっているのを感じます」と嬉しそうに語ってくださいました。

【 審査員 】

細田治(全国和菓子協会会長)
西尾智司(大阪二六会会長)
石川忠久(日本菓子協会東和会名誉会長)
清水利仲(名和会副会長)
梶山浩司(日本菓子協会東和会会長)
藪光生(全国和菓子協会専務理事)
味の素AGF社3名
(敬称略)

主催:味の素AGF株式会社 / 共催:全国和菓子協会

トップへ戻る
最終回 コーヒーを用いた和菓子のコンテスト 結果発表
コーヒーを原材料として用いた新しい和菓子の創造を目的としてスタートし、今年で3回目の開催となるのが〈コーヒーを用いた和菓子のコンテスト〉。今回は、全国の和菓子職人のみなさんから188品の応募をいただき、第一の関門である書類選考を見事突破した作品を、最終選考として実食審査いたしました。
AGF Lounge,AGFラウンジ,コーヒー,煎,せん,和菓子,和菓子アワード,和菓子コンテスト,和菓子に合うコーヒー,ギフト
AGF Lounge~いつでも、ふぅ。AGF
https://sen.agf.jp/images/social_image-contest.png